猫がトイレ以外で排泄するということは

とら~只今ヾ(*´∀`*)ノ゛
と会社から帰宅すれば
とらが元気な声で出迎えてくれる。

んな~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

・・・うん、どこまで続くんだろね(´∀`;)

いつも通り撫で繰り回して
ちょっとゴム紐で遊んだところ
突如とらがお風呂場へ・・・

なんか妙だと思いお風呂までついていくと
排水溝のところで
おしっこの態勢。

・・・おや(´∀`;)

微動だにせずしばし態勢維持。

・・・・・・おや(´∀`;)

とらがお風呂場から出てきたので、
念のため排水溝を確認すると
濡れている。

・・・おしっこしたんか(´∀`;)


排水溝はトイレじゃありません

うわ~いお風呂場でおしっこするとか
頭いいなぁ、掃除の手間省けるな~ヾ(*´∀`*)ノ゛

って、アホか(#`Д´)ノノ┻┻;:'、・゙

往々にして、
猫がトイレ以外の場所でするというのは
何かよろしくない状態の現れ。

恐る恐る
とらのトイレを調べてみるとシートが赤い。

血尿・・・(´ `;)

血尿。四の五の言わず動物病院へ

翌朝、トイレシートをチェックしたところ
赤くはなかった(´∀`;)ナシテ?
でも、前日赤かったなら
動物病院に行く理由は十分だ(●`ω´●)

前回(ねこ164)と異なり
グダグダしている猶予はありません・゚・(ノД`;)・゚・


とらさんや、病院行きますぞヾ(´∀`;)

DSC05629

・・・やなの(´∀`;)?

腹壁ヘルニアと血尿の関連はいかに

例によって例のごとく
「先生ー血尿です・゚・(ノД`;)・゚・
食欲あります、元気あります、快便です!
でも前日は血尿です・゚・(ノД`;)・゚・」
とお伝え。

尿検査を実施したところ
数値的には血尿のことヾ(´∀`;)

そういや、人間だって
健康診断で
別に赤くなくとも数値で血尿扱いされるもんな(`ω´;)
色はあくまで指標の一つなんずな(´∀`;)

先生曰く、
「どうしても施術箇所が膀胱直下の場所なので
影響が出ているのかもしれない。
ひとまず様子を見ましょう」のこと。

長期戦の覚悟が必要な様子。


さらに
「膀胱炎に対して療法食を試してみませんか」
と「ヒルズ」の「スプリクションダイエット C/D」を勧められた。

背に腹は代えられないし、
それでよくなるなら万々歳ヾ(*´∀`*)ノ゛
なので早速購入。

はてさて、どうなることやら・・・。

とら~頑張ろうず(●`ω´●)